磁粉探傷検査( MT [Magnetic Particle Testing] )


 大型タンクの溶接部検査(新設、開放検査)や各種小型部品の検査等に利用されている検査技法です。

 試験体表面及び表面直下にきずがあると磁束の通過が妨げられて、空間に漏洩し、きずの両側に磁極が発生し磁場を作ります。

磁束の漏洩した試験面に空気又は粘性の小さい液体に一様に分散させた磁粉を近づけると、磁粉はきず部の空間に作られた磁界により磁化されて小さな磁石となり、きずの両側の磁極に吸引されます。その結果、小さなきずが大きく拡大されて肉眼でも確認できるようになります。





 磁粉探傷検査(蛍光磁粉使用時)


 蛍光磁粉指示模様