放射線透過検査( RT [Radiographic Testing] )


 光は透明又は半透明のものしか透過できないが、X線及びγ線は不透明なものでも透過できます。この性質を利用して、不透明体の内部のきず又は内部の構造を調べるのが放射線透過検査です。

 X線透過試験の原理




X線装置から照射されたX線が試験体を透過するとき、試験体の中に空洞のようなきずが存在するとその分だけ透過する厚さが減少し、逆に透過するX線の量が増え、フィルム濃度が濃くなります。フィルム上で健全部ときずの部分の濃度差からきずの存在と大きさを知ることができます。







 
携帯式全周放射型エックス線装置



携帯式単角度放射型エックス線装置