超音波探傷検査( UT [Ultrasonic Testing] )


 鉄骨溶接部内面キズの検査、コンクリート埋設アンカーの長さ測定、配管・鋼板等各試験体の肉厚測定等に利用されている検査技法です。

 超音波とは、人間の耳に聞こえないほど周波数の高い音(20KHz以上)のことです。この超音波のもつ物理的性質(直進、反射、屈折等)を利用して材料や溶接金属に存在するきずを検出する方法が超音波探傷検査です。

<超音波の発生と受信>
超音波は、圧電効果のある材料を振動子として組み込んだ探触子から鋼中に伝わります。また、1個の振動子で超音波を発生することも受信することもできます。






超音波発生の原理











超音波受信の原理








<超音波探傷の原理>
垂直探傷法で説明すると、振動子から送信された超音波パルスがきず又は底面から反射して戻ってくるまでの時間を計測すれば、きずの深さや試験体の厚さを知ることができます。超音波の種類(縦波と横波)と試験体の材質によって音速が決まっています。
垂直探傷の概念図と探傷器の表示画面