株式会社 ジャスコ 社内倫理規定



第1条 (目的)
本規定は株式会社ジャスコの検査業務の実施における不正行為を防止する事を目的とする。

なお、本規定は全ての業務に適用し、顧客からの要求であっても断固として全ての不正に加担しないことを目的とする。
第2条 (適用範囲)
本規定は当社の全社員及び外注社員に適用する。
第3条 (定義)

次の行為を不正行為と定義する。

1.検査結果を改ざんした場合。

2.受入検査と社内検査に差異が生じた場合、再確認せずに合格又は不合格とした場合。

3.検査手順書、要領書、法令、規則、基準に従った検査をしなかった場合。

4.顧客から知り得た情報を第三者に洩らした場合。

5.検査業務に対する報酬以外の便益の供与を受けた場合。

第4条 (遵守事項)
技術員は不正行為防止のために次の事項を遵守する。

1.いかなる場合においても検査結果を改ざんしてはならない。

2.探傷結果に差異が生じた場合は必ず再確認をしなければならない。

3.検査手順書、要領書、法令、規則、基準に従った公正な検査を実施しなければならない。

4.顧客から知り得た情報を第三者に洩らしてはならない。

5.検査業務に対する報酬以外の便益の供与を受けてはならない。

第5条 (処罰)
不正行為が行われた場合は、「就業規則」に従い懲戒する。懲戒は行為の程度により、けん責,減給,出勤停止,諭旨退職及び懲戒解雇とする。

但し、併科することもある。